所在地:茨城県 結城市 鹿窪411

Audi R8 V10 plusに4点式ハーネスの取付。

大人のGTカー セレクトショップ|GTR R35やPorsche911、SL専門店

4点式ベルトが、じつは簡単に

取り付けられないAudi R8。

Audi r8 v10 plus

Audi R8 V10 plus

スポーツ走行するために必須な4点式・6点式ハーネス、

ですがカンタンに取り付けできないのがランボルギーニ・ウラカンやアウディR8のような、

カーボンCFRPがフレームに張り付けられているクルマや2シーターのクルマは安全に取り付けづらい。

このAudi R8 V10 plusでは車両内部の左右に丸パイプバーを取り付て、ハーネス取付部を設けました。

ハーネス取り付け部

シート背中部がカーボンになっているため、溶接個所がないR8。

車体左右にステーを設けバー取り付けて、そこにベルト取付アングルを固定。

腰部は既存シートベルトボルトを兼ねて留めました。

この発展形として簡易的なロールバーや本格的なロールケージなどができると楽しいでしょうね。

アウディ R8に限らず、様々な車両で溶接ロールケージの本格的なものまで

取り組んでみますので、お楽しみに!!

Audi r8 v10 plus

特にAudi R8は日本国内に機能的なパーツがほとんどなく、AUDI SPORTからもパーツ供給がされませんので、

製作してみようと思います。まずは空力系・ダウンフォースパーツやボディ剛性などに関わるパーツ等。

Audi R8 V10 plus

ちなみにAudi R8 V10 plusは後ろのウラカントロフェオと同じボディフレームと

エンジンが載ったレーシングカーですが、、、まるで印象がちがう^^;